【ご報告】6月30日(土) 荒浜再生を願う会より、感謝を込めての解散式

6月30日(土) 、晴天の荒浜にて、荒浜再生を願う会の『感謝を込めての解散式』が行われました。

 

6月に入ってからの告知にも関わらず、会のメンバー、スタッフの方々も合わせて80名近くの方々が集まり、解散式に参加されました。

“感謝を込めての”とあるように、荒浜再生を願う会から、関わった全ての方への感謝を、参加された皆さんが主役!次の段階にステップアップしよう、ということで、賑々しく行われました。

オープニングでは荒浜再生を願う会の皆さまが、なんとデコレーションされた軽トラックで登場し、拍手と笑いでロッジに到着!!

 

第一部では貴田さんからの言葉や会のメンバー全員から話があり、アラハマ・リボーンで清掃活動を続けてきた副代表の佐藤正人さんは子供の頃に感じた大人たちが海水浴の前に綺麗にしていた様子を語りました。

 

ピザ窯でピザを持ってくる子供たちに一声かけながら目尻を下げてピザを焼いていた石田さん、準備や片付けを淡々と行われていた石田さんの奥さま、会計を担当し震災後、ここを何かの形で残したいと7年間活動を続けてきた庄子智香子さん、ロッジや大吉丸でお会いするたびに笑顔でみんなと話をしていた佐藤優子さん、汁物にピザにと石田さんの奥さまと一緒に準備をされていた貴田さんの奥さま、貴田恵子さん、最後に1日1枚日誌を書いてねと話してくれた佐藤善男さん、皆さんが一言ずつ、その想いを話されていました。

  

 

 

貴田さんへのプレゼントという事で、以前海辺の図書館の絵を描いてくださった三原さんがロッジの絵を、小学生によりツバキの植樹を企画した柳沼さんからはその時の写真を、3.11オモイデアーカイブのお二人からはひまわりの花束を、それぞれ一言と共に渡されていました。

 

 

第二部では、荒浜再生を願う会から皆さまへという事で、まずはずっとピザづくりをされていた菊地先生へ貴田さんから花束の贈呈が行われました。

  

さらに、3.11オモイデツアーを行ってきた3.11オモイデアーカイブ代表の佐藤正実さんにも貴田さんから花束の贈呈があり、正実さんからはこれまでの感謝の言葉と、引き続きよろしくお願いしますの言葉がありました。

  

この日参加された皆さまには、受付にて渡されていたオリジナル手拭いと7年間が記録されたパンフレットの紹介がありました。

  

 

この日もピザと荒浜の郷土料理「煮(に・ぬ)」が振る舞われ、その美味しさに「また食べたい!」の声が上がっていました。

 

14時に再びロッジの前に集合し、アーティストの高野綾さんの紹介とご挨拶があり、貴田さんの締めの言葉でクラッカーを鳴らして解散式は終了となりました。

 

また、こちらの解散式の様子は、様々な方が取り上げられていますので、ご紹介いたします。

素敵な写真も沢山ありますので、ぜひ御覧ください。

3.11オモイデアーカイブ公式HP
荒浜再生を願う会さん「感謝を込めての解散式」

TOHOKU360 安藤歩美さん
「終わりは、始まり」荒浜再生を願う会が震災後7年の活動に区切り

仙台在住のジャーナリスト、松舘忠樹さん
ブログ 震災日誌in仙台
6月30日 仙台市荒浜 「再生を願う会」7年掲げた旗おろす 解散式 実は”引継ぎ式”

 

そして・・・

その次の週にビニールハウスは解体され、この日、スタッフの皆さまも帰られた後に撮った写真は、里海荒浜ロッジに黄色い旗とビニールハウスがあったという最後の1枚になりました。

これからもこの荒浜がどんな形になっていくのか、見守っていきたいと思います。

 

【ご案内】6月30日(土) 荒浜再生を願う会より、感謝を込めての解散式

先日のアラハマ・リボーンで解散を発表した“荒浜再生を願う会”の解散式についてご紹介いたします。

*************************************

【大事なお知らせ】

荒浜再生を願う会の解散につきまして

東日本大震災の津波によって大きな被害を受けた荒浜において、当初は「現地再建」、その後は「新たな賑わいづくり」を目標に活動してまいりましたが、来る6月30日をもって解散する運びとなりました。

約7年間、本当にたくさんの方々に助けていただき、ここまで活動してくることができました。
一定の目標が達成できたこと、跡地利活用などこれから次のステップへと移行する時期であることを鑑み、一旦区切りをつけて、それぞれが新たな船出に向けて踏み出そうという前向きな解散となります。

つきましては、下記の通り、感謝を込めた解散式を開催させていただきます。

日時:2018年6月30日(土)10時30分から

場所:里海荒浜ロッジ
(宮城県仙台市若林区荒浜中丁27)

※申込不要出入り自由、直接現地へお越しください。

内容:特にキッチリとしたプログラムはありません。
石窯ピザなどを食べながら、これまでのお話をワイワイとできれば考えております。
問い合せ:arahama.reborn@gmail.com事務局:庄子隆弘)

【ご報告】6月10日(日)荒浜に再びにぎわいを~アラハマ・リボーン

荒浜再生を願う会が毎月第二日曜日に開催してきたイベント、アラハマ・リボーンが6月10日(日)に開催されました。

 

この日、小雨から曇り空へ変わっていった天候の中、ロッジに集まった沢山の方の前でいつものように、“荒浜再生を願う会”の代表である貴田さんの挨拶から始まると共に、会の解散が発表されました。

それは突然の事ではなく、毎月第一月曜日に行われていた定例会でメンバーの皆様が何度も重ねた話し合いの中で決まった事でした。

このブログを読んでいただいくと良いと思うのでリンクを貼らせていただきます。

仙台在住のジャーナリスト、松舘さんが書かれている「震災日誌in仙台」より。

5月7日 仙台市荒浜 ”再生の旗掲げ7年” 住民団体が解散・再出発へ

“荒浜再生を願う会”を解散する事を決まっても、ロッジのオーナーである貴田さんご自身の活動は、この場所で既に少しづつ始まっています。

今まで継続して行ってきた、このアラハマ・リボーンは一旦終了となるようですが、清掃活動やイベントなどは何らかの形で始まっていく事を見守っていきたいと思います。

「解散って言葉、嫌いなんだよ」って貴田さんがポソっと呟き、笑いに包まれたロッジ、海岸清掃の様子など、沢山の人が訪れた、“荒浜再生を願う会”が主催する最後のアラハマ・リボーンの様子をお届けします。

尚、荒浜再生を願う会の“感謝を込めての解散式”は6月30日(土)10時30分よりこの里海荒浜ロッジで行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝礼が終わっていつものように海岸清掃へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッジではピザと汁物のお振る舞いの準備が行われています。

 

 

 

 

 

 

いつも愛犬ミルクさんと参加される武田こうじさんと打ち合わせで集まられた方々も。

 

 

 

何気ない場面で笑って、それぞれがお腹と心を満たしていくそんな場所ですね。

 

 

 

ボランティアの学生の皆さんが帰られた後、関西から貴田さん、豊さんに写真を届けに来てくださった方がいました。

 

片付けもほぼ終わって談笑する皆さんの雰囲気にほっこりしました。

ロッジの中では“北の里浜 花のかけはし ネットワーク”主催の集まりがあり、皆さまと共に砂浜へ。

 

 

 

【イベント】6月10日(日)荒浜に再びにぎわいを~アラハマ・リボーン

“荒浜再生を願う会”主催で
毎月第二日曜日に行われる活動

『Arahama Reborn
(アラハマ・リボーン)』

6月も開催されます!!

当日は里海荒浜ロッジに集合し、皆で一緒に海岸清掃をします。
お昼には石窯でピザ焼き体験もできます。
(これがとっても美味い!!)
どなたでも参加可能です。

  

ハマヒルガオが見頃の荒浜で今月もやりますアラハマ・リボーン。波打ち際を歩き、波の音に耳を傾けながら、日常とは違ったひとときをお過ごしください。

海辺の図書館メンバーも協力させていただいてます。

*********

日時:2018年6月10日(日)
10時30分から ※途中参加・帰宅OK

場所:里海荒浜ロッジ
(仙台市若林区荒浜字中丁27)
※地下鉄荒井駅から徒歩1時間、バス1時間に1本15分!

申込:不要ですので、直接現地へお越しください。

費用:なし
※募金によって運営しておりますのでお気持ちをお願いいたします。

海岸清掃等のボランティア作業、石窯ピザ作り、お茶っこ…。
波の音、潮風を感じながら、荒浜での時間を過ごしてみませんか?
当日は、動きやすい服装で、軍手をご持参ください。

<お問合せ>
メール:arahama.reborn@gmail.com/ 電話:070-5059-9869(庄子)

【イベント】6月9日(土)お茶っこのみ in 荒浜

荒浜で定期的に開催されるお茶っこのみ。
6月9日(土)は、
久しぶりの海辺の図書館が
海辺でフットケアって気持ちよさそう!と
話が盛り上がった
『セブンスノース』さんとコラボして
1日店長をやらせていただきます!

ぜひ遊びにきてください!!

打ち合わせ中!(笑)

***************
日時:2018年6月9日(土)10時〜16時

場所:里海荒浜ロッジ
(深沼海水浴場の入口です)
宮城県仙台市若林区荒浜字中丁27

参加費:無料
(お心ばかりを荒浜の募金箱に頂けると嬉しいです。差し入れも大歓迎です)

内容:
①午前中の特典 本格お抹茶を立てます♪

②炭火で焼き物 焼きたい物があれは持ってきてね♪

③フットケア体験
お一人様15分程度 混雑時はお待ち頂く場合があります。

何時に来ても何時に帰っても大丈夫です。
ぜひお気軽にお越しくださいませ。

問い合わせ先
たけぴ fukadat1@gmail.com
090-5832-6861

【ご案内】5月20日(日)お茶っこ・海浜植物観察&勉強会のお知らせ

5月20日(日)、里海荒浜ロッジで行われる催しをお知らせいたします。

海辺の図書館メンバーも自由に参加しておりますので、荒浜を訪れた際には、ぜひお声がけください。

①お茶っこが行われます

これまで殆どお知らせしてこなかった不定期開催のお茶っこですが、最近いつやっているのか、ロッジに来てみたいというお声もありますので、今回ご案内させていただきます。

時間:10:30~
参加費:無料 どなたでも参加できますのでふらっとお立ち寄りください
店長:楽しいトリオでお迎えします

②海浜植物観察&勉強会が開催されます

様々な植物が育つ荒浜で、荒浜の植物にとても詳しい写真家の佐藤豊さんも分からないものが育っている!とい事で、荒浜の資源を活かしたハーバリウムWSなどで活動しているyaginuma local resource さんが主催で観察&勉強会が行われます。

 

日時:2018/5/20(日)
場所:里海・荒浜ロッジ・会議室(仙台市若林区荒浜字中丁27*ハウスの隣にある建物です)※雨天決行
時間:13:00~15:00 集合し、深沼海岸へ移動
参加費:200円(お茶代・資料代として)
主催:yaginuma local resource
NPO法人森林インストラクター協会・事務局
Tel/Fax:022-255-8223 担当:森山

  

【ご報告】5月13日 荒浜に再びにぎわいを~アラハマ・リボーン

今日は母の日。荒浜再生を願う会が毎月第二日曜日に開催しているイベント、アラハマ・リボーンが513日(日)に開催されました。

 

黙祷の後、貴田さんからご挨拶がありました。

  

また本日より今年度の3.11オモイデツアーも始まり、オモイデツアーのメンバーからは荒浜のお母さん方に、『いつもありがとうございます』と感謝の花束が渡されました。

 

 

  

常連で参加されている皆さまのご紹介は今回から挙手制になりました。

また初参加の大学生ボランティアも加わり、大人数で行う久しぶりの図書館体操で身体を動かした後は海岸清掃へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッジではお振る舞いの準備が行われ、海岸清掃から戻ってくる人を迎えます。

 

 

 

 

お昼ご飯の後は、3.11オモイデツアーの始まり。

 

海辺の図書館の館長は荒蝦夷の土方さんや皆さまと荒浜小学校へ。

 

 

 

この日はスキムボーダーの皆さまが全国一斉ビーチクリーン開催という事で、東北チームは、アラハマ・リボーンの前の時間に、深沼海岸をビーチクリーンの活動をされていた事をFacebookで知りました。
荒浜が大好きな方やボランティアで訪れる方の手でとても大切にされている場所なのだと、活動を知る事で改めて思います。

来月のアラハマ・リボーンは610日(日)です。

*******
【里海荒浜ロッジ 催し】
5/20
 お茶っこ
6/ 9
 お茶っこ
6/10
 アラハマ・リボーン

【イベント】5月13日(日)荒浜に再びにぎわいを~アラハマ・リボーン

“荒浜再生を願う会”主催で
毎月第二日曜日に行われる活動

『Arahama Reborn
(アラハマ・リボーン)』

5月も開催されます!!

当日は里海荒浜ロッジに集合し、皆で一緒に海岸清掃をします。
お昼には石窯でピザ焼き体験もできます。
(これがとっても美味い!!)
どなたでも参加可能です。

  

日に日に暖かくなり、ヒバリの声も賑やかになってきた荒浜で今月もやりますアラハマ・リボーン。波打ち際を歩き、波の音に耳を傾けながら、日常とは違ったひとときをお過ごしください。

海辺の図書館メンバーも協力させていただいてます。

*********

日時:2018年5月13日(日)
10時30分から ※途中参加・帰宅OK

場所:里海荒浜ロッジ
(仙台市若林区荒浜字中丁27)
※地下鉄荒井駅から徒歩1時間、バス1時間に1本15分!

申込:不要ですので、直接現地へお越しください。

費用:なし
※募金によって運営しておりますのでお気持ちをお願いいたします。

海岸清掃等のボランティア作業、石窯ピザ作り、お茶っこ…。
波の音、潮風を感じながら、荒浜での時間を過ごしてみませんか?
当日は、動きやすい服装で、軍手をご持参ください。

<お問合せ>
メール:arahama.reborn@gmail.com/ 電話:070-5059-9869(庄子)

******
海岸のお掃除あります。
おふるまいあります。
汁物あり〼。
ピザあり〼。暑さにも寒さにも負けない仕上がりです!

【ご案内】協働事例集・『協働まちづくりの実践』の表紙と記事のご紹介

仙台市が作成した市内の協働事例集

『協働まちづくりの実践』

2017年8月27日に“3.11オモイデツアー”と“WEプロジェクト”のコラボレーション企画で開催されたオモイデツアー。
その時に荒浜の海岸で撮影された素敵な写真が表紙になっていますのでご紹介します。

また、25の事例の中の
第一章:みんなでつくる「仙台スタイル」
の一番最初の事例として、3.11オモイデアーカイブさんの活動が紹介されています。

  

※写真は3.11オモイデアーカイブさんから許可をいただき掲載しています

この事例集は仙台市市民活動サポートセンターで冊子の配布を行っていますし、仙台市のHPからもPDFダウンロードで閲覧できます。読み応えのあるの記事ですので、ぜひ、ご覧ください。

http://www.city.sendai.jp/kyodosuishin/shise/koho/kisha/h30/jireisyu.html

 

3.11オモイデアーカイブ
http://sendai-city.net/

WE PROJECT SENDAI
http://we-sendai.jp/

【ご報告】4月8日(日)荒浜に再びにぎわいを~アラハマ・リボーン

新年度を迎えた4月、新たな顔ぶれも加わり、荒浜再生を願う会が毎月第二日曜日に開催しているイベント、アラハマ・リボーンが48日(日)に開催されました。

今回も60名を超える参加があり、新たな役職につかれた方や、ボランティアの大学生を率いる先生方、企画の後もずっと参加されている企業の方、常連の皆さまの挨拶などがありました。

 

 

 

 

 

 

 

今回の清掃活動では、牡蠣の養殖で使われて流れついた『豆管』やプラスチックの中間原料である『レジンペレット』チームを組み、砂浜へ移動して、通常のゴミ拾いとは別に専用に収集していました。

 

 

 

 

 

終了後はロッジでピザ&野菜の旨味を塩味で仕上げた汁物で昼食タイム。

 

 

 

 

 

ピザ窯前もビニールハウスも人で溢れる賑やかな時間となりました。

次回のアラハマ・リボーンは513日(日)です。

« Older posts

© 2018 海辺の図書館

Theme by Anders NorenUp ↑