海辺の図書館

荒浜フューチャーセンター

Category: 未分類 (page 1 of 2)

【ご報告】東日本大震災と本-これまでとこれから-

4/1(土)にせんだい3.11メモリアル交流館にて開催されました「東日本大震災と本」。多くの方にお越しいただき、満員御礼、席を追加するほどの大盛況でした。海辺の図書館専属バリスタの八巻ちはさんのおかげで、コーヒーの香り漂う良い雰囲気の中、無事終了することができました。

なお、当日の模様は、NHKニュースで報道されました。

参考:http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20170401/5180981.html

撮影:清水修

東日本大震災と本       ーこれまでとこれからー

 

仙台の出版社として被災しながらも東日本大震災以降も書籍を発行し、著書『震災編集者-東北の小さな出版社〈荒蝦夷〉の5年間―』(河出書房新社)も刊行した編集者の土方正志さんをお招きして、大震災以降発行されてきたさまざまな分野の震災関連本について振り返りながら、大震災から6年経つ今だからこそ「本」という形で発信できること、本が果たせる役割を考えたいと思います。

ゲスト:土方正志さん(有限会社荒蝦夷 代表)

進行:庄子隆弘(海辺の図書館)

入場無料、直接会場へ

せんだい3.11メモリアル交流館公式ウェブサイト

【ご案内】海辺の能楽2017

この度「能楽の心と癒やしプロジェクト」で活動していらっしゃる能楽師の方々と協力し、東日本大震災が発災した3月11日に荒浜にて鎮魂と希望をテーマとした能楽を上演する運びとなりました。お忙しい折かと思いますが、足を運んでいただければ幸いです。

時間:午後2時30分〜3時頃
14:30-14:35 主催者挨拶
14:35-14:40 開演挨拶
14:46-14:47 黙祷
14:50-15:10 能楽上演
15:15-15:30 終了予定

会場:深沼海岸特設舞台(宮城県仙台市若林区荒浜)

観覧:申込不要・無料

演目「羽衣」
名所として名高い三保の松原に降り立った月の天人(シテ)は、天ノ羽衣を松の枝に掛けて、水浴びをしています。そこに通りかかった漁師(ワキ=白竜、今回は出ません)は美しい衣を見つけて持ち帰ろうとしますが、あまりにも嘆く天人を不憫に思い、衣を返す代わりに、天に伝わるという舞楽を舞って見せるように云います(上演はここから)喜んだ天人は舞を舞い、数々の宝を降らして天上に帰っていきます。

出演
シテ(天女) 八田 達弥
笛      寺井 宏明
太鼓     大川 典良

会場までのアクセス
●仙台駅からお越しの方
地下鉄東西線/仙台駅→荒井駅 ※約13分
バス停乗り場2→深沼(南長沼) ※約20分
●車でお越しの方
無料駐車スペースがございますが当日は大渋滞が予想されますので余裕を持ってお越しください。

海辺の能楽2017_チラシ(表面)

海辺の能楽2017_チラシ(裏面)

3.11オモイデツアー      きょうは市バスに乗って、荒浜へ

3-11%e3%82%aa%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc_%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

2016年12月11日(日)に開催された「3.11オモイデツアー きょうは市バスに乗って、荒浜へ」にて、準備や当日のまちあるきツアーガイドを担当させていただきました。

15384514_1213373552074682_5501756145319288268_o 15442359_1238376522906846_3094157484453536938_n

海辺の音楽祭 in 荒浜

 

img_1868-1

2016年10月15日(土) 仙台市荒浜で海辺の音楽祭が開催されました。

出演は

「PicturePerfect with 上條瑞穂、秋久ともみ、黒瀧英一郎」

デイジー☆どぶゆき with ポマードマン

ポリネシアンダンス教室 レイアロハ Harunaさん

秋空のもと天候にも恵まれて、屋外で開催できました。

 

荒浜に音楽が癒しとなり、かつてのにぎわいあった仙台唯一の海水浴場へみなさまが足を運ぶきっかけになれば嬉しいですね。

音楽を通してみんなに心に癒しのひとかけらでも届けられたなら。

応援頂きましたみなさま本当にいつもありがとうございます。
img_1870 img_1867
夕日と共にウクレレの音色ととハワイアン、観客はみんなうっとりしてましたね。
img_1871    img_1874

 

 

 

第5回東北みらい賞を受賞しました。

9/20(金)に開催された授賞式に参加し、賞状と盾をいただいてきました。

普段から応援いただいている皆さまのおかげです。ありがとうございます。

%e7%ac%ac5%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e5%8c%97%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%84%e8%b3%9e

河北新報に掲載されました:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160920_13003.html

第2回 海辺のウクレレが開催されました!

2016年7月23日(土)  荒浜で、第2回 海辺のウクレレを開催しました。

なんと、なんと、延べ40名もの方にご参加いただきました!

IMG_5146444 IMG_5166666

前半はウクレレ体験会。 海辺で奏でるウクレレの音色は心地よいですね。

ウクレレの持ち方から始まり、あれよあれよという間に5曲も弾いちゃいましたね。

後半はデイジーどぶゆきさんによるミニライブ!

どぶさんの語りと奏でるメロディーに、時にしっとりと、時に大笑いしながら、聴かせてもらいました。

音楽やウクレレを通して、荒浜に人が集まる。

人と人とが繋がる。

元気と勇気が生まれる。

来年もできるといいな。

最後に、どぶさんを始めウクレレサポート協会のみなさま、ご協力いただき本当にありがとうございました。

1466431336

 

3.11オモイデツアーふりかえり公開ミーティング

3月12日(土)に開催された「3.11オモイデツアーふりかえり公開ミーティング」で、海辺の図書館とオモイデツアーの関わりについてお話しさせていただきました。


3.11オモイデツアーふりかえり公開ミーティング_発表資料

1917461_544126672428203_6355556672619719355_n

メディア情報

1.荒浜再生を願う会さん、NPO法人20世紀アーカイブ仙台さんとのコラボ企画「3.11オモイデツアーinあらはま」について、取り上げていただきました。

仙台市民活動サポートセンター「ぱれっと」

http://sapo-sen.jp/use/support/palette/

2.「震災5年伝え学ぶ 中 荒浜編」に掲載されました。本紙の他にブログにも掲載されています。

3/9付の河北新報夕刊
https://kacco.kahoku.co.jp/blog/y_machi/63700

第3回 ゆたかの学びあいスマート教室 (2016年2月28日 開催)

若かりし頃、どこに住んでいた?楽しい思い出の場所は?

そんな問いからGooglemapでそこを見に行きました。

その方の遠い記憶が蘇り人生を聞かせて頂きました。

人生一度きりだから面白い。

途中、東京のずーみんとFaceTime中継も体験。

楽しいひと時となりました。ゆたかさんのレベルアップぶりに猛烈に感動。

荒井東災害復興住宅にて

IMG_4346

IMG_4347

Older posts

© 2017 海辺の図書館

Theme by Anders NorenUp ↑