海辺の図書館は、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県仙台市荒浜にある本も建物もない図書館です。

震災前の生活や文化を元住民から聴いたりしながらの「まちあるき」や、波の音が聴こえるベンチで読書や楽器の演奏をしたり、石窯ピザ作りやBBQを楽しんだりすることが、“本を読むように”体験できる図書館です。

何かを始めたいが、はじめの一歩が踏み出せない人たちが集まり普段の生活から離れ、語り合い、学び合い、一緒に食事をし、楽しい体験を通じて自らの勇気に気づき、わくわくする未来を創っていく場:海辺の図書館を作ります。

%e7%94%bb%e5%83%8f408 %e7%94%bb%e5%83%8f581